シェアハウス経営で収益をあげよう|新しい不動産投資方法

連帯保証人の代行会社

PCを操作する人

賃貸保証会社は、不動産オーナー側と入居者側の両方にメリットがあるサービスです。入居者は連帯保証人がいなくても賃貸に入居できるようになり、不動産オーナーは家賃未払い請求をアウトソーシングできます。メリットを活かして上手に活用しましょう。

More Detail

空室リスクをおさえよう

積み木

一括借り上げ契約は、不動産管理会社に空室リスクを負ってもらう代わりに手数料を払う契約方法です。不動産の管理を丸投げできるため、大きく不動産業を広げたいオーナーにはメリットの大きな契約方法といえるでしょう。

More Detail

不動産仲間と交流しよう

講義

不動産投資セミナーは自分のレベルに応じたものに参加することが大切です。初心者が中級者向けのセミナーに参加しても理解することは困難でしょう。自分のレベルに応じたセミナーで知識と仲間を得て、一歩ずつステップアップを目指しましょう。

More Detail

共同住宅のメリット

インテリア

不動産投資を始めたいという人はたくさんいるのではないでしょうか。不動産投資といえば、ワンルームマンション投資や中古マンション一棟経営などが知られていますが、最近はシェアハウス経営にも注目が集まってきています。シェアハウスは普通の不動産投資と異なり、空室リスクをおさえやすいというメリットがあるため上手く運用することができれば、安定した収益を継続して上げることも可能になるでしょう。シェアハウス経営を初めるのであれば、最低限の知識を持たなければいけません。ここではシェアハウスに関する基礎知識をまとめるため、興味のある人は参考にして下さい。シェアハウスは、複数の入居者が個室も持ちながらもキッチンや風呂・トイレは共同のものを使うという共同住宅のことです。現在シェアハウスを実際に利用している人の多くは20代から30代前半の若者であるといわれており、年々入居者の数は増加警告にあります。確実にニーズは増加傾向であるため、上手に経営すればシェアハウスの経営で大きく事業化できる可能性もあるでしょう。不動産オーナーの観点からもシェアハウスは多くのメリットのある形態です。一つの部屋に複数の入居者を募集できるため、家賃がゼロになるというリスクがほとんど点は一番の魅力になります。また、一つの部屋で複数の入居者から賃料を得ることができるため満室を維持できると、通常のマンション経営などと比較して少ない部屋数で大きな収益を上げることができることも可能です。シェアハウスの一部屋にオーナー自らが入居し、自分の生活費をおさえながら不動産管理を行なうこともできます。幅のある使い方ができるため、色々な企画を考えながらシェアハウス経営を検討してみましょう。

Copyright © 2016 シェアハウス経営で収益をあげよう|新しい不動産投資方法 All Rights Reserved.